イタリアの中のヨーロッパ、ヨーロッパの中のイタリア


日時:平成28年11月12日(土)13:00–17:00

場所京都産業大学 壬生校地 むすびわざ館2Fホール

事業内容:シンポジウム(参加申込不要・一般のご来聴歓迎)
ヨーロッパでは古代からルネサンスをへて現代にいたるまで、イタリアをその重要な中心のひとつとして、言語・芸術・食文化・政治・経済など、さまざまな分野で交流を深めてきました。そして今日のグローバル社会において、イタリア人の教育や発明などが大きな影響を与えています。たとえば、グーグル、ウィキペディア、アマゾンの創設者は、イタリアのモンテッソーリ教育を受けていました。また、携帯電話やwi-fiがあるのは、イタリア人のマルコーニが無線電信を発明したおかげです。
今回のシンポジウムでは、ヨーロッパ言語学科6専攻全ての教員が登壇してプレゼンテーションをします。それに加えて、外部から2人の講演者をお招きして、イタリアにとってヨーロッパとは何か、ヨーロッパにとってイタリアとは何か、を追究していきます。

使用言語:日本語

主催者:京都産業大学 外国語学部ヨーロッパ言語学科

URLhttp://www.kyoto-su.ac.jp/events/20161112_160_italiaineuropa.html

問い合わせ先:京都産業大学 外国語学部事務室 TEL 075-705-1461(平日 9:00-16:30 土曜 9:00-12:00)