海外安全対策情報2014年10月~12月

 

 

 

1 治安情勢及び一般犯罪の傾向等
クリスマスシーズンということもあり、街は大変賑やかであった。しかしその反面で、スリ・置き引き等の犯罪は後を絶たず多くの日本人観光客も被害に遭った。

 

2 日本人被害例


(1)スリ(32件)


10月9日
トイレで手を洗っていたとき、ショルダー鞄を後ろに向けていた。その
際、ぶつかってきた人がいた。鞄の中身を確認すると、現金・旅券・クレジットカードを掏られていた。


11月9日
ヴェネツィア広場を散策中、6人組のジプシーに囲まれ、腰のウエストポーチからパスポート等を掏られた。

 

12月23日
市内観光中、混み合った地下鉄車内でパスポート等のスリ被害に遭った。

 

(2)置き引き(21件)


10月30日
空港へ向かうため駅を歩いていると、「背中が汚れている」と声をかけら
れ、上着を脱ぎバッグを座席に置いたところ、気がつくとバッグが置き引
きされていた。


11月9日
レストランのビュッフェに食事をとりに行くため、座席に鞄を置いてい
た。座席に戻ると鞄を置き引きされていた。


12月30日
テルミニ駅でバックを床に置き時刻表を見ていたところ、気がつくとバッ
グを置き引きされていた。

 

(3)ひったくり(3件)


10月30日
アンコーナ市内を観光中、スクーターに乗った2人組の男に後ろから押
し倒され、現金・旅券等が入った鞄をひったくられた。

 

3 殺人・強盗等凶悪犯罪例

  1. 殺人(日本人被害なし)

10月7日
ローマ近郊のチボリ地区で74歳の女性が、自宅においてナイフで刺され
死亡しているのを、訪ねてきた娘が発見した。その後の軍警察の捜査により41歳の孫娘が殺人の疑いで逮捕された。

10月27日
Carlo Felice通りに住む42歳のモロッコ人女性が、3歳と9歳の息子を
殺害した後、自殺した。女性は重い鬱病であり、彼女の夫は2日前に家出していた。細部は現在も警察が調査中である。

 

11月27日
夜23:00頃、Monte dellCapre通りで42歳の男性がナイフで刺され死亡
した。殺された男性には義兄弟から脅迫の疑いで被害届が提出されていた。逮捕された犯人によると、殺害原因は家族間のトラブルであった。細部は現在も警察が調査中である。

12月2日
Pisana通りで、59歳の男性が自宅前にて拳銃で撃たれ死亡した。警察に
よると殺された男性には、強盗の前科があった。細部は現在も警察が調査中である。

 

12月29日
ローマ南西部、郊外の農家で40歳ぐらいの身元不明の男性の遺体が発見
された。警察の捜査によると遺体には複数の殴られた後があるので、殺人事件として捜査するとのことである。細部は現在も警察が捜査中である。

(2)強盗窃盗


10月6日
Talli通りで4人組の若者が13歳の少年からiphoneなどを奪って逃走し
た。なお、被害者の話から4人組は外国人であったとのこと。細部は現在も警察が捜査中である。

 

10月10日
夕方、17時頃Fosso Scilicino通りにある文房具店に拳銃で武装した2
人組の男が押し入り、店長を脅し売り上げ金を奪って逃走した。その後通報により駆けつけた警察官に1人は逮捕されたが、1人は逃走した。細部は現在も警察が捜査中である。

 

10月15日
3人の強盗が、サンパウロ、エウル、カパネレにあるスーパーマーケット
を次々と襲い逃走したが、パトロール中の軍警察により逮捕された。なお、 逮捕された3人の内、2人のルーマニア人には強盗の前科があった。細部は現在も軍警察が捜査中である。

 

10月23日
Sistina通りにある銀行に3人組の男が押し入り、17万ユーロを奪って逃
走した。男達は、7時30分頃店長が銀行に来るところを待ち伏せ、9時に金庫が自動で開くまで待ち、金を奪った。細部は現在も警察及び軍警察が捜査中である。

 

11月9日
Flavio通りにあるマンションに、東欧なまりの7人組の男が押し入り、家
人を脅し、金、貴金属、パソコン、電話などを奪い逃走した。細部は現在も警察が捜査中である。

 

11月20日
真夜中、Salvolini通りにあるマンションの1階に東欧なまりの男2人組が押し入り、家人を脅迫し、200ユーロを奪って逃走した。細部は現在も警察が捜査中である。

11月24日 ローマ郊外
12:00頃、郵便配達員を装った男が、マンションに押し入り、女性を殴り、
家にあった金庫を開けようとしたが上手くいかず、何もとらずに逃走した。現在も警察が捜査中である。

 

12月3日
午前10:30頃、Carlo Sereni通りにある郵便局に武装した2人組の男が押
し入り、6000ユーロを奪って逃走した。細部は現在も警察が捜査中である。

12月9日
真夜中、Piacenza通り(ローマ県警本部近く)で路上強盗が発生。2人組の
男が歩行中の男性を襲い、財布及び携帯電話などを奪って逃走した。被害者はすぐに県警本部に被害届を提出し、その後警察はルーマニア人とドミニカ人を逮捕した。

 

12月10日
午前07:30頃、Gian Bttista通りにある開店準備中の菓子屋に、拳銃で武
装した2人組の男が押し入り、3000ユーロを奪って逃走した。細部は現在も警察が捜査中である。

 

12月14日
夜19:30頃、Fosso del Torrino通りにあるスーパーマーケット2軒に、顔
をマスクで隠し、拳銃で武装した男が押し入り、レジのお金を奪って逃走した。
細部は現在も警察が捜査中である。

 

12月31日
真夜中24:00頃、ローマ近郊の商店に女1人を含む4人組の強盗団が押し入
り売り上げ金等を奪い車で逃走した。店主は車のナンバープレートを覚えており、軍警察に通報した。その後4人組は捜査中の軍警察により逮捕された。

 

(3)強姦 (日本人被害なし)


11月12日
18歳の少女が市内のディスコで知り合った男に乱暴された。少女は翌日警察に被害届を提出し、男は逮捕された。細部は現在も警察が捜査中である。

 

11月17日
7歳の少女が両親の知り合いの男に乱暴された。細部は現在も警察が捜査中である。

(4)その他
特になし。

4 テロ・爆弾事件発生状況
特になし。

5 誘拐・脅迫事件発生状況
特になし。