領 事 情 報

 

在 外 選 挙

 

 

 

在外選挙人名簿への登録

 

 

 平成10年の公職選挙法の一部改正に伴い、平成12年5月以降の国政選挙から、海外に在住している有権者の方々も投票に参加できることになりました。そのための手続きとして、まず在外選挙人名簿への登録申請を行い、あらかじめ在外選挙人証の交付を受けていただく必要があります。2007年1月1日から管轄区域内の居住が3ヶ月未満でも申請できるようになったなどの変更がありますので、ご留意願います。(外務省 在外選挙ホームページ)

 

1.登録資格

・年齢満18歳以上の方

・日本国籍をお持ちの方

・当館管轄区域内に引き続き3ヶ月以上お住まいの方

200711日から、3か月未満の場合でも申請できるようになりました。

在留届を領事窓口へ提出する際に一緒に行えます。ただし、予め受け付けた登録申請は、3か月住所要件を満たす時期までお預かりし、在留を確認の上、登録手続きを進めることになります。

 

注)日本国内の最終住所地市区町村に「転出届」を提出されていない方は、在外選挙人名簿に登録できません。(既にイタリアにお住まいの方でも、日本の親族を介して提出したり、「転出届に準ずる届出」を海外から市区町村に送付することができます。)

 

2.登録方法

 申請者本人もしくは申請者の同居家族(日本国籍者)が当館領事窓口にて申請していただく必要があります。

 

3.必要書類

 ○登録申請者本人による申請の場合

 ①申請者本人の旅券

 ②当館管轄区域内に居住していることを確認できる書類

  (a)引き続き3か月以上居住されている方

住所を有した日が、申請日より3ヶ月以上前の日であることが記載されている住所地の家屋の賃貸借契約書、住所地の土地・家屋の購入契約書、居住証明書、住民登録証、住所記載の電気、ガス等公共料金領収書、滞在許可証、等)

※但し、3ヶ月以上前に「在留届」を当館に提出している場合は、この書類は不要です。

    (b)申請時における居住期間が3か月未満の方

     住所を確認できる書類

 

注)申請書には、日本での最終住所地と本籍地を記入する必要がありますので、あらかじめご確認下さい。

 

 ○同居家族等による申請の場合

 ①登録申請書(登録申請書の「署名」欄に申請者本人の署名が必要です。)

  事前に当館領事班もしくは総務省ホームページ(http://www.soumu.go.jp)より入手して下さい。

 ②申出書(申出書の「署名」欄に申請者本人の署名が必要です。)

  事前に当館領事班もしくは総務省ホームページ(http://www.soumu.go.jp)より入手して下さい。

 なお、申出書は同居家族等の方が登録申請者本人から委任を受けているかどうかを確認するものです。

 ③登録申請者本人の旅券

 ④申請書類を提出される同居家族等の方の旅券

 ⑤申請者本人が当館管轄区域内に引き続き3ヶ月以上居住していることを確認できる書類

  (a)引き続き3か月以上居住されている方

住所を有した日が、申請日より3ヶ月以上前の日であることが記載されている住所地の家屋の賃貸借契約書、住所地の土地・家屋の購入契約書、居住証明書、住民登録証、住所記載の電気、ガス等公共料金領収書、滞在許可証、等)

※但し、3ヶ月以上前に「在留届」を当館に提出している場合は、この書類は不要です。

    (b)申請時における居住期間が3か月未満の方

     住所を確認できる書類

 

注)申請書には、日本での最終住所地と本籍地を記入する必要がありますので、あらかじめご確認下さい。

 

4.選挙人証の交付

 登録申請受付から在外選挙人証の交付までは、2~3ヶ月程度かかることが見込まれます。選挙の直前に申請をしても間に合いませんので、ゆとりをもって申請して下さい。

 

5.当館管轄地域

 イタリア共和国:トスカーナ州、ウンブリア州、マルケ州、ラツィオ州、アブルッツォ州、モリーゼ州、プーリア州、

         カンパーニャ州、バジリカータ州、カラブリア州、シチリア州、サルデーニャ州

        (上記以外の地域は、在ミラノ日本国総領事館の管轄となります。)

 

 アルバニア共和国

 サンマリノ共和国

 マルタ共和国

 

 

 ご不明な点がありましたら、当館領事班までお問い合わせ下さい。