在留届

2020/10/22

【在留届とは】

在留届とは,外国に3ヶ月以上滞在される方が,その住所・居所を管轄する大使館または総領事館に届け出ていただくもので,旅券法第16条により義務付けられているものです。
イタリア(※),サンマリノ,マルタに住所を定めて3ヶ月以上滞在される場合は,在留届を提出して下さい。
 
※イタリアにはローマにある在イタリア日本国大使館とミラノにある在ミラノ日本国総領事館があり,各公館の管轄州は以下のとおりです。
・在イタリア日本国大使館
 Toscana,Umbria,Marche,Lazio,Abruzzo,Molise,Campania,Puglia,Basilicata,Calabria,Sicilia,Sardegna
・在ミラノ日本国総領事館
 Piemonte,Valle d'Aosta,Liguria,Lombardia,Trentino-Alto Adige,Veneto,Friuli-Venezia Giulia,Emilia-Romagna
 
「在留届」をご存知ですか?
 

【在留届の提出方法】

当館の管轄地域にお住まいの方は,次のいずれかの方法で提出して下さい。

1.インターネットから「在留届電子届出システム(ORRnet)」を利用しての提出

インターネットを通じて在留届の提出,登録内容の変更,帰国の届出ができます。
現在,本システムで在留届を提出された方のみ,システムを利用して登録内容の変更(住所や連絡先の変更等),帰国の届出が可能となっています。

在留届電子届出システム(ORRnet)

2.用紙での提出
 
「在留届」用紙(PDF)からダウンロードが可能な他,大使館の窓口でも入手可能です。直接窓口に来られない方は,大使館領事班宛に返信用封筒に切手を添えて請求していただければ郵送いたします。提出は,大使館窓口,メール,FAX,郵送が可能です。
 
宛先:Ambasciata del Giappone (Sezione Consolare)
住所:Via Quintino Sella, 60 00187 Roma
FAX:06 4201 4998
メール:consolare@ro.mofa.go.jp

【住所・連絡先の変更,帰国,転出の届出】

イタリア国内での転居(※)や第三国へ転居した場合,連絡先を変更した場合,日本に帰国した場合など,登録内容に変更が生じた時は,その内容を届け出て下さい。
※イタリア国内での転居の場合で,在ミラノ日本国総領事館の管轄へ転居された場合は,在イタリア日本国大使館に転出登録を行った後,在ミラノ日本国総領事館へ新たに在留届を提出して下さい。

1.在留届電子システムを利用して在留届を提出された方

在留届電子届出システム(ORRnet)を通じて変更の手続を行って下さい。
その他,下記2の方法でも手続可能です。

2.用紙で在留届を提出された方

下記届出用紙をご記入のうえ,大使館窓口,メール,FAX又は郵送でご提出下さい。 ※上記1のシステムを使用した変更は出来ません。

宛先:Ambasciata del Giappone (Sezione Consolare)
住所:Via Quintino Sella, 60 00187 Roma
FAX:06 4201 4998
メール:consolare@ro.mofa.go.jp